cashing61
消費者金融や銀行系カードローンにキャッシング申し込みをする上で絶対にしてはいけない行為があります。
それは嘘の申告をすることです。
嘘の申告をされる方というのは意外と多く、ウソと判明した場合はその時点で審査落ちとなります。

審査通過したいがために自分に有利な内容で申し込みをする、確かに審査通過したい気持ちは分かりますがウソは絶対にダメです。
むしろ殆どの場合、審査の時点でバレるので虚偽の申告でお金を借りる事はほぼあり得ません。
では何故ウソとバレルのか、今回はそのことについて解説していきたいと思います。

まず申し込みで特に多いウソというのが年収や勤続年数です。
貸金業者は申し込み者に十分な返済能力があるかどうかを判断した上で融資決定をします。
その判断材料として大きく関わってくるのがこの年収と勤続年数なのです。

年収が高ければ返済能力はそれだけ高く評価されます。
また勤続年数がながければ辞める可能性が低く収入が安定していると判断されます。
その為、年収や勤続年数を水増し申告される方が多いのです。

ですが審査の際は収入証明書を提出しなければいけませんので、基本的にその時点でウソということはバレます。
因みに勘違いされやすい部分なのですが、年収や勤続年数だけで融資判断が下されるわけではありません。

年収が高くても勤続年数が長くても審査落ちする方は沢山いらしゃいます。
審査はそれ意外にもチェックする部分があり総合的に判断されるのです。
また在籍確認のために勤務先に電話連絡も行わますので、働いていないのに正社員と偽ってもバレます。

次に多いのが他社借入状況です。
申し込みでは他社借入件数と借入残高を記入する欄というのが必ず設けられています。
必ずしもというわけではありませんが、一般的に他社から借入していると審査通過のハードルは高くなると言われています。

借入金額が増えればそれだけ返済負担も大きくなりますから、貸金業者としても返済してもらえるのかと不安に思うからです。
その為、本当は他からも借入しているのに0件などど嘘の申告をされる方が多いのです。
ですがコレも必ずバレます。

貸金業者が貸金業を営むには指定信用情報機関に加盟することが義務付けられています。
この機関に加盟していない場合は貸金業を営むことが出来ないとされています。

ではこの指定信用情報機関とは一体どんなところなのでしょうか?
簡単に言いますと申し込み者の信用情報を管理・保持している機関です。

信用情報とはローンやクレジットの利用履歴の事で、申し込み者が今現在何社から借入しており残高はいくらなのか、返済遅延はないか等など借入れに関する情報が漏れ無く記録されています。

消費者金融等は審査時には指定信用情報機関を通して申し込み者の信用情報を必ず確認しており融資可能かどうかを判断しているのです。
言ってみればローンやクレジットの利用履歴は全て業者に筒抜け状態ということになります。