cashing70
プロミスからお金を借りることは決して悪いことではなく、現在では数多くの方がプロミスを使って便利にお金を借りています。

しかし皆様の中には、一緒の家に住んでいる家族や同棲相手などに消費者金融から借金をすることを知られたく無いという方も多くいらっしゃるかと思います。

今ではインターネットを使って24時間365日いつでもどこでも気軽に申し込みをすることが出来るようになりましたが、最終的な契約書やキャッシングカードの受け取りは郵送物として自宅に送られてきます。

つまりプロミスからお金を借りる以上、どうしてもこの郵送物を受け取る必要があるため、もしかしたらその郵送物を見た家族や同棲相手に、お金を借りることがバレてしまう可能性があります。

郵送物の外見では中身が何なのかわからないように工夫されていますが、当然封を開けてしまえば契約書とキャッシングカードということはすぐにわかってしまいます。

では郵送物なしでお金を借りることは出来ないのでしょうか?

インターネットを使って一切外出することなくお金を借りたい場合には必ず郵送物がありますが、もし近くに自動契約機があれば郵送物を避けることが出来ます。

インターネット申し込みをした後、お近くの自動契約機へ出向くことで、その場で契約書とキャッシングカードを発行してもらえるため、自宅に送られてくる書類関係が一切無くなるのです。

もちろん受け取ったキャッシングカードは既に限度額が設定されていて、すぐにお金を借りることが出来る状態になっています。

実際に借り入れをしてプロミスから請求書が届くこともありませんのでその点はご安心ください。

「郵送物が無くても在籍確認の電話があるから会社にはバレてしまうのでは?」など、在籍確認電話を心配される方もいますが、在籍確認電話はプロミスという言葉は一切使わず、個人名で電話をしてくるだけですので勤務先にバレてしまうこともありません。

ここまで申し込み時の郵送物に関してご説明させていただきましたが、それからのキャッシングの使い方によっては、自宅や会社の人にバレてしまうことがあります。

それが返済遅延であり、プロミスでは毎月の支払日が決められており、この支払いを超過するとまずは携帯電話の方へ電話がかかってきます。

それでもなお返済が無い場合、自宅や会社の固定電話に個人名で電話がかかってきます。

この時点で多くの方は支払いをされるようですが、それでもなお返済せずに放置しておくと、数週間から一ヶ月程度で自宅に催促状が届きます。

申し込み時とは異なり催促状はハガキタイプで郵送されてくるため、ひと目で借金をしていたことがバレてしまいます。

家族に知られるだけではなく、催促状が届くということは、既に個人信用情報機関にも事故情報と記録されてしまっているため、今後の暮らしに大きな影響を与えてしまうことになります。

このことから、お金を借りた場合には返済期日までの支払いを忘れないようにしてください。