学生のキャッシング

現役の学生さんの中には、教育ローンや奨学金などを利用して、大学の授業料・学費を支払っている方も多いかと思います。

ではキャンパスライフ中にどうしてもお金が必要になった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

実家暮らしでしたら光熱費や家賃、食費といったものは必要無いかと思いますが、一人暮らしとなると仕送りだけでは到底やっていけないという方も多いでしょう。

たとえ実家暮らしでも、最近では携帯電話やスマホを利用する方も増え、電話の料金が高額になることから、そこまで経済的に余裕のある学生時代を送ることは難しいかと思います。

学生をしていて、もしお金が不足してしまった場合には、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングすることが出来ます。

ただし一部のクレジットカードやキャッシングカードを除き、基本的には未成年者(18~19歳)の利用は出来なく、また満20歳以上でもアルバイトをして安定収入が無ければ借入することが出来ませんのでご注意ください。

これら年齢と安定収入という条件を満たしていれば、利用可能額は少ないですが、学生でも保証人不要でお金を借りることが出来ます。

ですが、学生さんの中には「親にバレないでカードローンでキャッシングしたい」という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は、自宅に郵送物が届かない自動契約機を利用しましょう。

自動契約機を使って申し込みすることで、その場で契約書とキャッシングカードが発行されることから、自宅に書類が届き、それを見られて親に知られてしまうようなことが無くなります。

カードローン申し込みには運転免許証や学生証などの本人確認書類のみでOKで、手続き時間も早ければ一時間程度ですのでスピーディーなキャッシングが出来ます。

ただし、キャッシング後の借金返済で、期日を超過してしまったり、連絡がとれないような状況になると、自宅へ通知が届くこともありますのでご注意ください。

きちんと返済期日を守って、計画的に利用すれば、そのような事態を招いてしまうことはありませんのでご安心ください。