bank1

カードローンは融資金利が高くなるほど審査に通りやすく、逆に金利が低くなると審査は厳しくなります。

こうすることにより、貸付ける側はリスクを最小限に抑えることが出来ます。

御存知の通り銀行系カードローンは低金利が基本です。

消費者金融の金利と比べていただければその違いは一目瞭然です。

上限金利でも見ても3%以上の金利差が有りますよね?

上述したように低金利のカードローンは審査が厳しいです。

つまり銀行系カードローンは審査に通るのが難しいということを意味します。

低金利で貸し付ける分儲けが少なくなりますので、より審査は慎重にならざる得ないのです。

銀行は少ない儲けを確実に得るためにも、毎月期日通りにしっかり返済してくれる人にのみ貸し付けたいのです。

銀行カードローンは消費者金融とは審査方法が異なります。

銀行の場合、審査は2回行われます。

しかも同じではなくそれぞれ別の会社が審査を行ないます。

銀行は信販会社若しくは消費者金融を保証会社にしており、万が一利用者が返済できない場合の補填をしてもらいます。

そしてこの保証会社が仮審査を請け負っています。

そして仮審査通過後にその銀行が最終的な融資判断を下すために審査を行ないます。

審査はどちらか一方を通過すれば良いというわけではありません。

保証会社も銀行もどちらの審査も通過しなければ借り入れできません。

bank2

保証会社は保証会社の基準で審査を、銀行は銀行の基準でそれぞれ審査を行ないます。

銀行カードローンの審査が厳しいと言われる最大の理由はココにあるのです。

このような仕組みのもとで審査を行っているため、融資までに時間がかかります。

審査が厳しいから時間がかかるというよりかは、審査の仕方が原因となって時間がかかっているといったほうが正しいのかもしれません。

銀行系カードローンは審査が厳しく時間を要するため利便性は正直イマイチです。

しかしまとまった資金が必要なときには最適な金融機関です。

ですからいくら審査が厳しくて時間がかかっても借りたいという方は多いです。

何よりも安心感が有りますからね。

銀行系カードローンは審査は、誰でも簡単に通過できるわけではありません。

しかし年収1000万円以上じゃないと審査は無理、正社員以外お断りといった滅茶苦茶ハードルが高い訳でもありません。

2段階にわかれた審査とはいえ、基本的なチェックポイントは同じですから、まずはそこだけでも抑えておくのが大切です。

では銀行カードローンで審査通過するにはどの部分が重要となるのか見ていきましょう。

まずはお馴染みとなりますが、収入の安定性です。

これは銀行にかぎらずどの金融機関でも同じことが言われていますね。

毎月の収入が大きく上下していないこと、勤続年数が1年以上あることの2点は必ず抑えておくことです。

収入額が多いほうが審査は多少有利かもしれませんが、あまり額は気にしなくて良いです。

毎月確実に返済することが大切ですので、給料に波がないかどうかをチェックしてください。

勤続年数が1年以上と具体的にしている理由は、実際に1年をベースラインとしている銀行が多いからです。

銀行によっては勤続年数◯年以上とハッキリ記載している所が多く、その殆どが1年以上と言うもの。

あくまでも最低ラインかもしれませんが、少なくとも1年以上勤務していない方は審査通過は難しいと思ってください。

コロコロと職を変えているような方ですと仕事も収入も安定していないと見なされますので注意しましょう。

bank3

他社から借入している場合は、借入件数に注意しましょう。

基本的に他社借入があると、銀行は申込者の返済能力を疑います。

他社から借りているのに新たに貸し付けて本当に返してくれるのかと。

他社借入は1社、多くても3社程度でないと厳しいでしょう。

また他社借入がある場合は返済を延滞していないことが重要です。

一度でも延滞や遅延があると審査には通りませんので注意してください。

他社借入がなければ審査に通りやすいのかというと実はそうでもありません。

と言うのも、全く借入の経験がない人は逆に判断しにくいからです。

他社借入があって毎月きちんと返済している、借入も定期的にしているといった信用を裏付ける実績がある方ですと、融資判断もそう難しくはありません。

しかし何もない状態の人は貸して良いものだろうかと判断が非常に難しく、審査に通りにくいのです。

もちろん他社借入がなくても審査に通る可能性はありますが、審査をより有利にしたいのであればまずは返済実績を作ると良いでしょう。

比較的審査通過が楽なクレジットカードを作って無理のない範囲で返済実績を積んでから、銀行カードローンに申し込むと良いかもしれません。

銀行カードローンと言っても審査基準事態は消費者金融と大きく異なることはありません。

どの金融機関も重要視する部分はある程度共通していますので、まずはその分だけでも抑えておくことです。